NotFunkKoffer @ DK4RSM

~ [www.NotFunkKoffer.de〜www.NotFunkKoffer.info www.DK4RSM.info] ~〜

Notfunkkofferは、アマチュア無線家のために必要な機器が含まれています, ないために- や災害の状況、HFおよびVHFの無線操作を行使する.

ハローOM – 訪問者こんにちは

Notfunkkoffer "の"ようこそ

アマチュア無線の操作になりますなどのポータブル者, 容器に収容する必要があり、おそらくこれまでに彼の装置を考えた. これは、いわゆるアルミケースを提供しています. ここで誰もが独自のアイデアを持って / 彼のスーツケースのラジオ, それは何が含まれている必要があり、どのように技術的な構造は次のように見えるかもしれません.

ことができます例えば、個々のユニット. フィールドの日にあなたを取る, アンパックする, 設定し、相互に接続. 対応するイベントの終わりに, その全体の後方に再び. 機器のすべてを通じ、より良いものではなく、デバイスに悪影響を及ぼす可能性があるリスクが増加, 増加. これは最後まで私の見解では、ありました, スーツケースに使用されているのと同じコンポーネントに組み込まれなければならない. 礎石は冬であった 2007/2008 アウト, いくつかの時間前にそう. これは、 "Fielddaykoffer"の最初のバージョンです。, 既存の機器との, 夏に私たちのOVフィールドの日に掲載されました 2008 提示され、テストされ. レスポンスは非常に肯定的だった.

翌年、いくつかの変更と機能強化により、, 大文字と小文字の, した, ので、彼は驚きのために再び行っ. しかし、それはされているべきではありません. 私の頭の中で周りの賑やかないくつかのアイデア, しかし、これは成熟していた. したがって、それがあった, 創造的ブレーク後, 再びトランクに手を置いて、現在の構造は、これまでの6月の時点で公開しています 2012. それまで熟成 "小さい"の変更は以前週間で実施された. Auch bezeichne ich meinen Koffer gern als „Agentenkoffer“. ;-) なぜなら: alles drin – alles dran.

自分のアマチュア無線の場合、任意のアイデアを持って上記のように. 私にとっては重要な唯一の技術的構造ではありませんでした, しかし、同じように無視できない役割の視覚的印象を果たし. Demzufolge sollte er auch ein Stück weit „Nobelfunkkoffer“ werden.
それにもかかわらず、スーツケースには、何かでいっぱいだった, まだいくつかのスペースが用意されてい.
それはどういう意味, あなたはこことそこの間で得るいくつかの "ささいなこと".
ファンクションEllesは "ガジェット"と仮定, 私はのように考えることができるか見てみましょう…!?

結論: すべての主要な家電製品が利用可能です, eigentlich mehr als erforderlich,
er ist schnell in Betrieb zu nehmen und somit als Notfunkkoffer 中古!

By the way freut es mich, dass einige meiner Ideen zum Nachbau anregen…

Viel Spaß beim Stöbern in meinem NotFunkKoffer ~ DAS Original

あなた 73 マイケル·デ, DK4RSM

Notfunkkoffer_DK4RSM_02

再建後NotFunkKoffer @ DK4RSM

Notfunkkoffer_DK4RSM_01

NotFunkKoffer @ DK4RSM

コメントは閉じている.